node.jsのリリースサイクルについてメモ

まとめ

  • 6ヶ月に1度メジャーバージョンがリリースされる
  • 6ヶ月後に、奇数バージョンは放棄される
  • 偶数バージョンはLTS(Long Term Support)。通常、重大なバグが30ヶ月間は修正される  
  • 大企業や複雑なシステムはLTSを使うことを推奨
  • 最新機能を使いたい場合、最新版を使う

リリースサイクルのステータス

  • リリースサイクルのステータスは、CURRENT(最新)、ACTIVE(有効)、MAINTENANCE(保守) の3つ
  • CURRENT〜ACTIVEの間は更新され続け、MAINTENANCEの間は重大なバグは修正されつづける
  • リリース〜6ヶ月後: CURRENT
  • 6〜18ヶ月後: ACTIVE
  • 18〜30ヶ月後: MAINTENANCE

f:id:kasei_san:20200210101759p:plain
https://nodejs.org/ja/about/releases/

各バージョンのEOL

2020/02/10 現在

  • Node.js 10 〜 2021-04-30
  • Node.js 12 〜 2022-04-30
  • Node.js 13 〜 2020-06-01

参考

公式のリリースサイクルの説明

nodejs.org