httpのレスポンスの動作確認をしたい時に知ってると便利ないろいろ

httpstat.us

httpstat.us

http://httpstat.us/${コード} で任意のレスポンスコードを返してくれるサービス

こんなかんじ

$ curl -I https://httpstat.us/200
HTTP/1.1 200 OK
$ curl -I https://httpstat.us/404
HTTP/1.1 404 Not Found

どうやら個人で作っているサイトなので CI とかに組み込むのはやめておいたほうが良いかも

http://ozuma.sakura.ne.jp/httpstatus/

ozuma.sakura.ne.jp

こちらも個人制作の任意のレスポンスコードを返してくれるサービス

$ curl -I https://ozuma.sakura.ne.jp/httpstatus/404
HTTP/2 404 

.invalid

RFC2606 で定義されている、無効なドメイン

digすると、NXDOMAIN が返ってくる

 $ dig example.invalid

; <<>> DiG 9.10.6 <<>> example.invalid
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NXDOMAIN, id: 9629
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 0, AUTHORITY: 1, ADDITIONAL: 1

確実に存在しないので、そういう動作確認をしたい時に便利