macでMS公認の無料window10使用版を使う方法と、初期設定のメモ

事前準備

仮想マシンクライアントのVirtualBoxをダウンロードする

www.virtualbox.org

  • 無料です

MS公式の動作確認用のwindows仮想マシンイメージをダウンロードする

https://developer.microsoft.com/en-us/microsoft-edge/tools%E3%81%A1/vms/

  • 無料です
  • 使用期限は90日
  • ログインパスワードは Passw0rd!

VirtualBoxのGuest Additionsをインストール

仮想マシンと本体とのやりとりを便利にする、色々な機能をインストールする

  • 仮想マシンの電源をOFFにする
  • VirtualBoxの Machine -> Settings... -> Storage で新しくDVDデバイスを追加
  • 仮想マシンを起動した後、devices -> Insert Guest Additions CD を選択
  • 表示される手順に沿ってインストール & 再起動

日本語化 & macのキーボードを使えるようにする

こちらの (5) を参照

qiita.com

共有ディレクトリ

  • VirtualBoxの Machine -> Settings... -> Shard folder から追加
  • ゲストマシン側からは、ネットワークドライブとして見えるようになる

画面サイズをvirtualboxのウインドウサイズに追従させる

View -> Auto Resize Guest Display を選択

ソフトウェアアップデートで勝手に再起動しないようにする

  • 仮想マシン内のwindowsの設定から、「更新とセキュリティ」を選択
  • 「アクティブ時間の変更」から、作業時間を選択すると、その時間以外に再起動するようになる

スナップショットを取る

ここまでやったらスナップショットを取って、90日経ったらこのスナップショットからまた起動するようにしておけば楽