2018-02-11から1日間の記事一覧

scope は、戻り値が `nil` や `false` のときも `ActiveRecord::Relation` を返す

条件式付きのscpoeをクラスメソッドに移行する際に、問題になる 例: scopeの場合 class Item < ApplicationRecord scope :by_name, -> name { where('name like ?', "%#{name}%") if name.present? } end 引数の値が nil でも、 ActiveRecord::Relation がキ…

Active Record の scope を使う必然性ってあるの?

と思って調べたら、Rails ガイドに、 スコープでのメソッドの設定は、クラスメソッドの定義と完全に同じ (というよりクラスメソッドの定義そのもの) です。どちらの形式を使用するかは好みの問題です。 と、言われたので、 特に必然性は無いらしい ちなみに…