DynamoDB の capacity unit おぼえがき

概要

  • read/write capacity unit という単位でユーザがテーブル毎にcapacityを設定する
  • 実際の使用量とは関係なく 設定した、read/write capacity unit に比例した金額が請求される

capacity unit とは

1 capacity unitは、以下の通り

write

1秒に1回 1KBの書き込み

read

以下のいずれか

  • 1秒に1回 4KBの強力な整合性のある読み込み
  • 1秒に2回 4KBの結果整合性のある読み込み(書き込みが反映されないことがある)

参考: 読み込み整合性 - Amazon DynamoDB

補足

  • writeもreadもサイズを超える場合、それだけ capacity unit が消費される
  • capacity unit以上の通信が発生した場合、蓄積されて開くまで待たされる

capacity unit の料金

25 read/write capacity unit/month までそれぞれ無料

それ以降は、東京リージョンなら以下の通り

  • write: 0.000742USD/1capacity unit hour
  • read: 0.0001484USD/1capacity unit hour

reserved capacity

1年or3年単位で read/write capacity を先払いすることで割引を受けられる

最低単位は 100 capacity unit/hour

参考