AWS SDK for Ruby で Application Load Balancer にいろいろな Listener を追加する方法おぼえがき

Listenerとは

リスナーとは、設定したプロトコルとポートを使用して接続リクエストをチェックするプロセスです。リスナーに対して定義したルールにより、ロードバランサーが登録済みターゲットにリクエストをルーティングする方法が決まります。

Application Load Balancer のリスナー - Elastic Load Balancing

80番ポートのリクエストを443番ポートにリダイレクトする

client = Aws::ElasticLoadBalancingV2::Client.new
client.create_listener(
  default_actions: [
    {
      type: 'redirect',
      order: 1,
      redirect_config: {
        protocol: 'HTTPS',
        port: '443',
        host: '#{host}',
        path: '/#{path}',
        query: '#{query}',
        status_code: 'HTTP_301'
      }
    },
  ],
  load_balancer_arn: LOAD_BALANCER_ARN,
  port: 80,
  protocol: 'HTTP'
)

443番ポートのリクエストを特定のターゲットグループに渡す

client.create_listener(
  certificates: [
    certificate_arn: CERTIFICATE_ARN,
  ],
  default_actions: [
    {
      target_group_arn: TARGET_GROUP_ARN,
      type: 'forward'
    },
  ],
  load_balancer_arn: LOAD_BALANCER_ARN,
  port: 443,
  protocol: 'HTTPS',
  ssl_policy: 'ELBSecurityPolicy-2015-05'
)

443番ポートのリクエストの場合503を返す

client.create_listener(
  certificates: [
    certificate_arn: CERTIFICATE_ARN,
  ],
  default_actions: [
    {
      type: 'fixed-response',
      fixed_response_config: {
        status_code: '503'
      }
    },
  ],
  load_balancer_arn: LOAD_BALANCER_ARN,
  port: 443,
  protocol: 'HTTPS',
  ssl_policy: 'ELBSecurityPolicy-2015-05'
)
  • status_code の値は数字ではなく文字列

参考

公式ドキュメント