AWS WAF Regionalの情報を取りたい場合、使うのは Aws::WAFRegional::Client だよ! というお話

これで2H程度ハマってしまった...

言いたいこと

  • AWS WAFには、グローバル(CDN用)と、Region単位の Regional がある
  • ruby SDKでWAFの情報を取りたい場合、グローバルとRegionalでは使用するclientが異なる
    • グローバルならば、 Aws::WAF::Client
    • Regional ならば、 Aws::WAF::WAFRegional

Aws::WAF::Client もドキュメントでは、引数に region を指定できるので、ここを指定すれば、Regional の情報が取れると勘違いしていた...