サーバメンテナンスのときには、503(Service Unavailable)を返して、さらに Retry-After ヘッダー をつけておくと安心かも

まとめ

  • メンテナンスページを出す時には、503(Service Unavailable) を返す
  • Retry-After ヘッダーに復旧日時を入れておくと、復旧後に見に来てくれるようになる
  • Retry-After ヘッダーが無いまま、長期間 503 を返すと、クローラーはサーバが復旧しないと思って index を外してしまう
  • また、200404 とかを返すとクローラーがメンテナンス中であることを理解してくれない

ソース

ちょっと古い

webmaster-ja.googleblog.com

RFCの Retry-After レスポンスヘッダの解説

HTTP/1.1: Header Field Definitions